青汁完全ガイド

血流促進に青汁!

最近では「血流」が大きく注目されています。
これは、血液の状態が私たちの健康と大きく関係しているからです。
当然のことですが、血流の悪化は様々な病気を引き起こし、
血流が良くなればそれを予防・改善することができるでしょう。


青汁には血流促進作用があり、その影響で重篤な症状を未然に防ぐことができると考えられています。
青汁を服用することで血流悪化の根本的な原因を解決することができるのです。
それでは、血流の流れを滞らせる原因とは一体なんなのでしょうか?


一般的には、下記のような原因が挙げられます。
●運動不足
●水分不足
●血中コレステロール・中性脂肪の過多

このことからわかる様に、血流の滞りは生活習慣の乱れから引き起こされることがほとんどです。
青汁の代表的な原材料として知られている大麦若葉には、
血中のコレステロールと中性脂肪を減少させる働きがあります。
また、カルシウムも豊富に含まれているので血流の促進に大きな効果を発揮します。
カルシウムは筋肉の働きをサポートするため、血行を改善すると考えられているのです。
(大麦若葉の詳細は「大麦若葉青汁の特徴」「青汁の人気三大原材料」で解説しています。)


先述したとおり、血行が滞れば様々な症状を引き起こすことになるでしょう。
具体的な症例としては、下記の通りです。
●冷え性
●肩こり・腰痛
●頭痛(片頭痛)
●慢性的な疲労
●イライラや不安感
●肌荒れ

さらには、生活習慣病の原因ともなりかねません。
●高血圧
●糖尿病
●脂質異常症 etc...


さらに、生活習慣病は死に至るような重篤な症状を発病するきっかけとなってしまいます。
(「ガン予防に青汁!」・「生活習慣病に青汁!」にて詳細に解説しています。)


また、上記にある【大麦若葉】を原材料とした青汁ではなくても、
【明日葉】に豊富に含まれている成分の「カルコン」は血中のコレステロールを下げる働きがあるため、
サラサラ血液にしてくれる上に、動脈硬化を防ぐ働きが期待されます。


最もポピュラーな青汁の原材料【ケール】に含まれる「ビタミンE」には、末梢血管を拡張する働きがあります。
このことから、血行を促進する効果が期待されています。

青汁を効果的に活用して、血流を促進させましょう。