青汁完全ガイド

アトピー・アレルギーに青汁!

アトピーやアレルギーの症状で悩んでいる方はたくさんいらっしゃるでしょう。
青汁は【アトピー・アレルギーへの改善効果】が期待される非常に有用性の高い健康食品です。


そもそもアトピーやアレルギーの症状が引き起こされる原因とは一体何なのでしょうか?
アレルギー反応は一種の免疫反応であり、それが過剰になってしまったものを指しています。
免疫反応は特定の物質が体内に侵入してきた際、身体を守るために、それらを排出・排除することです。
アレルギーの原因としては、「環境」や「遺伝」などが考えられています。
もっとも代表的なアレルギー反応である「喘息」を患ったときに、自然が豊かな環境に身を置くことで
症状の改善を図ることからも、環境が大きく影響を与えている事がわかります。


アトピーについても遺伝的な要因は指摘されています。
くわえて、栄養バランスの偏り(リノール酸過多の食事が代表例)が要因となっていることが考えられています。
その他にも、室温や清潔な部屋・タオルを使うなどの環境的な要因も挙げられるでしょう。


さらに身体が「好酸球」・「血清IgE値」に対して過剰な反応を示してしまうことが、
共通する要因として挙げられますが、青汁はこれらの体内での働きを抑える効果を持っています。
そのため、アトピー・アレルギーに対して青汁が大きな効果を発揮できるのです。


また青汁は、日本人の国民的な症状と言っても過言ではない【花粉症】への効果も期待されています。
花粉症の症状は、クシャミや目鼻の痒み、鼻水・鼻詰まりなどが挙げられますが、
これらの症状に日本では多くの人が悩まされています。
稀ではありますが、花粉でアナフィラキシーショックを引き起こす人もいます。
いずれにせよ、なにかしらの対策を講じる必要はあるでしょう。

では、青汁はなぜ花粉症に効くのでしょうか?
その答えが「糖脂質」と「フラボノール配糖体」にあります。
これらの成分は青汁のもっともポピュラーな成分である【ケール】に含まれています。
もちろん、重度の花粉症の場合は耳鼻科などで薬を処方してもらう必要はありますが、
青汁の効果によって、同時に様々な症状を改善できるのは魅力でしょう。
(「青汁の代表的な効果」「青汁のビタミン」にて詳細に解説しています。)