青汁完全ガイド

大麦若葉青汁の特徴

青汁の三大原材料の一つに【大麦若葉】があります。
大麦若葉とは、大麦が穂を出す前の若葉の状態を指します。
大麦若葉の大きさは約20~30cmほどで、非常に豊富な栄養素が詰まっています。
大麦若葉の栄養素には、「SOD酵素」(SOD酵素については、「青汁のSOD酵素」にて詳しく解説しています。)、「ビタミンB1」「ビタミンC」「β-カロテン」、「鉄分」「マグネシウム」「カリウム」「亜鉛」、「各種アミノ酸」、「食物繊維」などがあります。


大麦若葉の持つ栄養素として注目したい「SOD酵素」には、血圧上昇抑制・血糖値上昇抑制・免疫力強化・活性酸素除去・アンチエイジングなどの様々な作用があります。(「青汁でアンチエイジング」もご覧ください)
これらの作用は、「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」「老化」などの抑制や改善への効果が期待できます。
SOD酵素の持つ「活性酸素除去」作用は、老化の原因として広く知られている活性酸素を排除することから、若々しさを保つ美容への効果が期待できます。
それだけでなく病気の予防にも効果的です。
活性酸素の増加は、身体の免疫力を低下させます。
ガン細胞の直接排除をするといわれるナチュラルキラー細胞も、活性酸素によって働きを弱められてしまいます。
SOD酵素によって活性酸素を除去し、ナチュラルキラー細胞が正常に機能することを助けることで、様々な病気の予防を期待できます。


SOD酵素の他の栄養素も大変豊富ですので、生活習慣病の予防・改善以外にも「冷え症」「貧血」「疲労回復」「ストレス緩和」といった広範囲な不調の改善に効果を発揮します。


また、大麦若葉に豊富に含まれるβ-カロテンには、ビタミンAの働きがありますので目の疲れなどにも効果的です。


大麦若葉の青汁は、飲みやすいことも特徴の一つです。
ケールや明日葉の青汁が苦手な方は試してみると良いかもしれません。


青汁は、毎日継続して摂取することで効果を実感することが出来ます。
健康食品には即効性はありませんが、継続して足りない栄養素を補うことで不調の改善が見込めます。
続けやすい商品を選びましょう。