青汁完全ガイド

その他の原材料

青汁の人気三大原材料」でもご紹介したように、青汁の原材料としてポピュラーなものにケール明日葉大麦若葉の三つがあります。


それぞれ大変素晴らしい栄養素を含んでおり、まさに青汁にぴったりの野菜です。
しかし、三大原材料以外の原材料を使った青汁も増えており、それぞれの特徴を活かした製品が多く販売されています。


ここでは、三大原材料以外の原材料について簡単にご紹介したいと思います。


【ヨモギ】
ヨモギはキク科の多年草で、春の野草としても有名です。ヨモギもちなどで親しみのある方も多いのではないでしょうか?
春になるとあちらこちらで見かけることが出来ることから、生命力が強く、その分栄養素も豊富に含んでいることがイメージしやすいと思います。
ヨモギは古来から薬草としても用いられてきた歴史があります。
ヨモギに含まれる栄誉素は、ビタミンA・B・C・E、カルシウム、葉酸、食物繊維などがあります。
「コレステロール値低下」「生活習慣病」「貧血」「胃腸活動改善」「冷え症」「美容」など、幅広い改善に効果的です。
青汁の主原料としてはあまり知られていませんが、貧血や冷え症などの体質改善に役立つので女性にも男性にも効果的な原材料です。


【ゴーヤー】
ゴーヤーはウリ科の一年草です。
ゴーヤーを良く食べる沖縄の人々は、寿命が長いということから最近では日本全国で人気の
高い野菜となりました。
ゴーヤーには、「ビタミンC」「モモルデシン」「ポリペプチド-P」「β-カロテン」「カリウム」などの
栄養素が含まれています。
「動脈硬化」「糖尿病」「高血圧」「美肌」「便秘」等に対する改善が期待できます。


【緑茶】
日本人なら誰もが親しみを感じる緑茶には、実は素晴らしい栄養素が含まれています。
「カテキン」「ビタミンA・C・E」「テアニン」などが豊富に含まれており、特にビタミン各種の含有量はほかの野菜と比較しても大変豊富です。
カテキンには強い抗菌作用があるため、「免疫力の向上」に役立ち、「生活習慣病」「口臭」などの改善にも役立ちます。
また、テアニンにはリラックス作用があるため、ストレスの緩和にも効果的です。


このように、三大原材料以外にも素晴らしい効果を期待できる原材料が沢山あります。
三大原材料の風味が苦手な場合などは、他の原材料から探してみるのも良いかもしれません。