青汁完全ガイド

青汁の加工法で選ぶ

野菜や果物の栄養素を豊富に含んだ青汁は、バランスよく様々な栄養素を摂取できるため高い人気を誇っています。
多くの愛用者からのニーズにこたえるため、製品は日々改良されて、現在では様々なタイプの製品が発売されています。
知識がなければどれを選んでよいか迷ってしまいますが、それぞれの製品タイプの特徴を知ることで自分に合った商品を選ぶことが出来ます。
ここでは、一般的な製品タイプの特徴についてご紹介いたします。


【冷凍タイプ】
出来たての青汁をそのまま冷凍にしたタイプです。
栄養素を新鮮な状態で摂取することが出来ます。
一回分ずつ小分けになっている物が多いのですが、冷凍保存する必要があるためにスペースが必要です。
また、解凍は加熱せずに水で行う必要があるので、時間のない方や外出先で摂取する方には不向きかもしれません。


【粉末タイプ】
メーカーによって加工方法は様々ですが、加熱処理やフリーズドライなどの製法を用いることによって粉末状にしたものです。
水と一緒に飲むか、水に溶かして飲むタイプです。
一回分ずつ個包装になっており、手軽に持ち運ぶことが出来ます。
常温保管が出来、保存スペースも取りません。
豊富に含まれた食物繊維が水に溶けにくいため、舌にざらつきを感じることもあります。
加熱加工によって粉末にされたタイプは、失われている栄養素があります。


【サプリメントタイプ】
青汁を錠剤やカプセルタイプにしたものです。
持ち運びが便利で、水があればどこでも飲めます。
風味もほとんどないため、青汁の風味が苦手な方におすすめです。
一日の摂取錠数が多いのが難点です。


【缶・ペットボトルなど】
ふたを開ければそのまま飲めるタイプです。
大きさにもよりますが、缶やペットボトルに入っているので持ち運んで必要な時に摂取することも可能です。
果物を多く使うなどして飲みやすい風味にされている物もあります。


以上が一般的に見かける製品タイプです。


一つ一つにメリット・デメリットがありますので、ご自身にとってより続けやすいタイプを選ぶと良いでしょう。
また、冷凍タイプや粉末タイプにしたいけれど風味が苦手という方も「青汁の美味しい飲み方」を参考にして頂ければ抵抗なく摂取できるかもしれません。