青汁完全ガイド

粉末タイプvs冷凍タイプ

青汁にはさまざまな加工法があることを「青汁の加工法で選ぶ」でご説明しましたが、なかでもオーソドックスな「粉末タイプ」「冷凍タイプ」のメリット・デメリットに焦点を当てて解説したいと思います。


【粉末タイプ】
粉末タイプの青汁の中にもいくつかの加工法があります。
「乾燥」「フリーズドライ」「サプリメント」が主にあげられます。


「乾燥」・・・乾燥タイプの青汁は、極めて単純に乾燥させたものを粉末状にしています。
青汁独特の風味を軽減することが出来るのがメリットです。
また、一回分が個包装になっているタイプなので、必要な数を手軽に持ち運ぶことが出来ます。
しかし、乾燥タイプの場合は加熱処理されていることもあるので、その場合は栄養素が大きく劣ります。
また、粉末を溶かすタイプなのでざらつきを感じる場合もあります。


「フリーズドライ」・・・フリーズドライタイプの青汁は、超低温で急速に冷凍し、真空状態にして水分を抜いて作ります。
加熱しないために栄養素も風味もそのままで、水に溶かして飲むタイプなので携帯にも便利な
人気の製品タイプです。 メリットの多い製法ですが、豊富な食物繊維故のざらつきがあります。


「サプリメントタイプ」・・・粉末上にしたものを錠剤等にして飲むタイプです。
青汁の風味が苦手な方でも抵抗なく摂取できます。
栄養素が凝縮されたわけではなく、単純に粉末にしたものを錠剤にしただけなので、
一日の摂取錠数が多くなります。


【冷凍タイプ】
新鮮な青汁をそのまま冷凍した鮮度抜群の製品タイプです。
新鮮で手を加えていないので、栄養素もそのまま豊富に含まれています。
野菜の風味もそのままダイレクトに伝わってくるので、風味が苦手な方には向きません。
また、場所を取る・水で解凍する必要がある(熱を加えると青汁の栄養素が壊れてしまうため)というデメリットがあります。


それぞれメリット・デメリットがありますが、風味や摂取の利便性を考えるなら【粉末タイプ】を、
新鮮な青汁そのままの豊富な栄養素を摂取したいのであれば【冷凍タイプ】を、とライフスタイルに合わせて無理なく継続するのが一番でしょう。