青汁完全ガイド

原材料から青汁を選ぶ

青汁には野菜や果物の栄養素がたっぷりと詰まっていますので、日ごろから野菜不足の方は青汁を飲むことで手軽に野菜を補うことが出来ます。

青汁は様々なメーカーから非常にたくさん販売されていますが、どれも同じというわけではありません。
青汁の人気三大原材料」でもご紹介しましたが、 それぞれの原材料によって含まれる栄養素も異なります。


原材料の持つ栄養素の特徴によって、ご自身に適した青汁を選ぶことも出来ます。
以下にそれぞれの原材料の特徴を簡単にまとめましたので、商品選びの参考にしてください。


【ケール】
ケールは青汁の原材料として非常にメジャーです。
ケールはキャベツと似た種類で、見た目もキャベツに似ています。
しかし、キャベツとケールの栄養素を比較した際の差は歴然で、ケールの栄養価はとても優秀です。
ケールに含まれる「イソチオシアネート」には高血圧や動脈硬化に効果的です。
ケールには生活習慣病に効果的な栄養素が豊富に含まれています。
三大栄養素に加えビタミンやミネラルも豊富なため、広範囲に栄養素を補うことが出来ます。


【明日葉】
明日葉はセリ科の植物で、大変強い生命力を持ってます。
「今日摘んでも明日芽を出す」というように、その生命力の強さが名前の由来ともなっています。
明日葉と言えば特有成分の「カルコン」が有名です。
カルコンはポリフェノールの一種で、生活習慣の乱れによる不調にも効果的と言われています。
また、食物繊維やミネラルも非常に豊富で、ダイエット効果も期待できる大変優秀な原材料です。


【大麦若葉】
大麦若葉とは、名前の通り大麦の若い頃、つまり穂が出る前の事です。
大麦若葉には非常に豊富なビタミンが含まれています。
ビタミンには美容効果が期待されますが、新陳代謝を促す効果があることからお肌やダイエットに効果的とされています。
また、抗酸化作用も期待できますので、病気の予防にも有効です。


それぞれの原材料の特徴をよく理解し、自分にぴったりの青汁を選びましょう。