青汁完全ガイド

特定保健用食品と栄養機能食品

青汁の代表的な効果」でご説明しているように、青汁には健康・美容に対する様々な効果が期待できます。
しかし、青汁を含む健康食品には効果・効能がはっきりと表記されていないことが多いのです。
薬事法により、厚生労働大臣の許可がなければ効果・効能が謳えないことになっています。


青汁などの健康食品の場合、厚生労働省から許可を受けたものを【特定保健用食品】と言い、
厚生労働省の認可を受けていなくても、基準を満たした栄養素を含んでいるものを【栄養機能食品】といいます。


【特定保健用食品】の青汁は、全てではありませんが効果・効能を表示することが出来ます。
商品ごとに実験データを提出して審査を受けることになるため、【特定保健用食品】の認可を受けるためにはコストが掛かります。
特定保健用食品の場合、コストから価格も高くなりがちで、商品数が少ないのが現状です。
また、特定保健用食品と同等程度の栄養価や効果があっても、コストの面から厚生労働省の許可を得ない選択をする青汁が多いようです。


【栄養機能食品】の青汁は、効果・効能を表記することは許されていませんが、基準を満たした栄養素の表示ができます。
ミネラルはマグネシウム・カリウム・鉄分などの5種類、ビタミンはビタミンA・B・C・D・E、ナイアシンン・ビオチン・パントテン酸・葉酸などの12種類の表示が許されています。
青汁のほとんどは、栄養機能食品です。


実験データを提出し、厚生労働大臣の審査に合格した特定保健用食品は、多少価格が高くても安心して飲めると思い選ぶ方も多いと思います。
逆に、厚生労働省の認可があるかどうかはそれほど気にせず、表記されている栄養素や製造工程などで商品を選ぶ方もたくさんいます。


そもそも、青汁は健康食品ですので、薬のように確実に効果が得られるわけではありません。
薬事法のこういった制限は、はっきりと効果・効能を謳うことで青汁の効果を確実に得られると思い込んでしまう、という弊害を防ぐための決まりでもあります。

とは言え、使用している原材料や製造工程が安心できるものであれば、含まれる栄養素が持つ効果は期待できます。
トクホかそれ以外かについてこだわるよりも、品質や継続しやすい商品かどうかで青汁選びをするのも良いでしょう。